読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chopped Around the World 〜こまぎれ世界一周

世界一周はしたいけど、仕事は辞められない。 わずかな休みをこまぎれにつなぎながら、少しずつ世界一周を目指します。

day 12(2) イルケシュタム峠からオシュへ

f:id:pristine:20160620231005j:plain国境のキルギス側。ここでキルギス側から来る車に乗り換え、キルギスのイミグレに向かいます。車は無料。最初の100元に含まれているのでしょう。

10分ほどでイミグレに到着。

f:id:pristine:20160620231157j:plain特に厳しいチェックもなく通過。北京時間14時過ぎ、キルギス時間はそれより2時間の時差で、12時過ぎということになります。キルギスは日本人はノービザで入国できるので、パスポートを出すのみ。

f:id:pristine:20160620231348j:plainイミグレから先に行って左側のところにタクシードライバーが待っています。オシュまで200元。これまでの相場からすると高いような気がするのですが、まかりません。

キルギス時間12時30分、計4名の乗合タクシーでオシュへ出発。

f:id:pristine:20160620232032j:plain

f:id:pristine:20160620232127j:plain美しい高原の景色が続きます。

f:id:pristine:20160620232116j:plainところどころに放牧の牛や馬がいて、時折彼らの通過を待ちます。道は中国側ほどではないものの、舗装され整備されており、以前の旅行記にあったような悪路ではなくなっていました。

今回のタクシーに同乗の3人は、2人が中国人の夫婦で、イルケシュタムの先のサリタシュの近くで建設工事をしているとのこと。オシュに住んでいて、そこに奥さんを連れて行くところだそうです。夫婦の住まいが用意されているぐらいですから、それなりの立場の方なのでしょう。もう一人はオシュに貿易の仕事で行くところだそうです。

途中立ち寄ったその建設現場からサリタシュの村を望みます。彼らの話によると、中国の援助によってイルケシュタム峠からオシュまでの道を改修している、そして、その仕事を請け負っている会社に勤めているのだとのこと。この辺りには一帯一路政策の影響なのか、かなり中国資本が投下されている印象です。

f:id:pristine:20160620234130j:plain途中、現場に寄らせて欲しいということで立ち寄ります。

f:id:pristine:20160620232710j:plain中央に小さく見えるのがサリタシュの村。立ち寄ったお礼ということなのかおすそ分けでパンをいただきます。

f:id:pristine:20160620233045j:plainこの辺りは標高3300mぐらい。美しい山が続きます。

f:id:pristine:20160620233300j:plain

f:id:pristine:20160620233647j:plain
山、そして高原。高原では所々で放牧が行われています。

途中で馬酒のスタンドで酒を買い、回し飲みしながらオシュへ向かいます。ちょっと飲んだけど微妙な・・・癖のある薄いヨーグルトみたいな。でもおごってもらったので文句は言いません。

f:id:pristine:20160620233309j:plain

f:id:pristine:20160620233925j:plain九十九折の道を進み、

f:id:pristine:20160620233317j:plain徐々に山が低くなり・・・

f:id:pristine:20160620233313j:plainかわいいユルタなども見ながら・・・

f:id:pristine:20160620233320j:plainキルギス時間16時すぎ、結果的に10時間と、圧倒的な速さでイルケシュタム峠を走破し、ついにオシュの街に到着しました!
ヒッチハイクなどで格安に移動した人もいるようですが、時間を優先したこともあり、結果的にカシュガル=オシュ間の国際バス(520元)と同じぐらいの運賃はかかってしまいましたが、22時間ぐらいかかるという国際バスよりはるかに早く到着することができました。

早速、日が暮れるまでにオシュの街の散策に出かけます。

f:id:pristine:20160620233343j:plain

中心街は工事中。この辺りには両替屋がたくさん集まっています。ネパールっぽいような雰囲気?f:id:pristine:20160620233355j:plain

オシュには世界遺産があります。スレイマン=トゥー。信仰の対象となっている山です。史跡公園になっています。日のあるうちにここまでこれて感激。

f:id:pristine:20160620233350j:plainはためくキルギス国旗。

f:id:pristine:20160620233403j:plain街が一望。

f:id:pristine:20160620233359j:plain山頂にはモスクがあり、何人もの人が祈りを捧げていました。今なお地元の人々の信仰を集めているようです。

下山してさらにまち歩き。市場もなかなか盛況です。

f:id:pristine:20160620233407j:plain

f:id:pristine:20160620233419j:plain

f:id:pristine:20160620233423j:plain
オープンテラスのある店でラグマンをいただきます。

今晩の宿はこちら。高原のホテルといった風情。清潔でwifiもあり、レストランもあり、なかなか快適なホテルです。

f:id:pristine:20160620233427j:plain

英気を養い、明日は再び国境を越え、ウズベキスタンの首都、タシケントを目指します。

【この日の移動距離】490km 【累計】6900km