読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chopped Around the World 〜こまぎれ世界一周

世界一周はしたいけど、仕事は辞められない。 わずかな休みをこまぎれにつなぎながら、少しずつ世界一周を目指します。

day 14(1) ウズベキスタンの新幹線、アフロシャブ号でサマルカンドへ

f:id:pristine:20160625092629j:plainタシケントの朝。再び旅を始めます。ウズベキスタンの首都、タシケントから西へ進む旅です。(この旅、実は先ほどのイルケシュタム峠越えより前に行っています。イルケシュタム峠を越えようと思い休暇を取ったらたまたま中国の休日にあたってしまい、国境も休みということが判明し、急遽タシケントから先を進んだのでした。ですので、書かれているのは2013年時点の話です。)

f:id:pristine:20160625092646j:plainインフレの激しいウズベキスタン、空港からホテルまでの間のタクシーの運転手に両替してもらったら札束が。これで20USドルぐらい。カバンの中が札束でいっぱいになってしまいます。買い物の時はみんな札束を持ち歩いていて、買う方も売る方も銀行員ばりに数えるのが早い・・・

ウズベキスタンには公定レートと闇レートがあって、1.5倍から2倍位の差があります。この時は、闇レートで大体この500スム札1枚が10円くらい。何を買うにも、全部10円「札」で払うような感じです。

地下鉄に乗ってタシケント駅へ。地下鉄は撮影禁止な上に警察官が大量にいて微妙な緊張感がありました。

f:id:pristine:20160625092652j:plain朝7時半、切符を買ってホームへ向かいます。f:id:pristine:20160625122738j:plainタシケントからサマルカンドまで。04号車の11席。50018スム=約1000円。

f:id:pristine:20160625092658j:plainアフロシャブ号。スペイン製の高速列車です。高速で走れる区間は限られているようですが、サマルカンドまでの約340kmを2時間ちょっとで結びます。

f:id:pristine:20160625092721j:plain車内もきれい。

f:id:pristine:20160625092725j:plain軽食がつきます。サンドイッチとクッキー。

定刻通り、朝8時に出発。この列車、1日2往復あり、タシケント発が朝7時と8時、サマルカンド発が17時と18時です。この日はたまたま空席があったのですが、聞くところによるとかなり混雑していて、事前に予約した方が確実ということでした。

f:id:pristine:20160625092729j:plainタシケントを出発した列車は南に向かい、その後タジキスタンとの国境に近いところを西に向きを変え走っていきます。かつて、タシケントからサマルカンドへの線路はまっすぐ南西に進んでいたのですが、一部にカザフスタン領内を走る区間があるので、ウズベキスタン領内だけを走る線路を改めて作ったということです。

f:id:pristine:20160625092733j:plain

定刻通り10時過ぎにサマルカンドに到着。快晴。オアシス都市らしく緑に噴水まで。f:id:pristine:20160625092742j:plain街中へ出ようと歩いていたら、なんと日本語で話しかける人が・・・!
一体どういうことなのか!?

【ここまでの移動距離】340km 【累計】7680km